下肢静脈瘤を治療で治すには|健康が生きる源

病院

乳房の検査

困る人

乳がん検診を利用する際は、複数の検査を併用した方がより正確な診断が得られます。ですので、乳がんの場合、一般の診療科で行われる視触診だけでなく、専門医の対応する病院で検査を受けるといいでしょう。

詳しく読む

病気と向き合う

レディ

こちらの主な症状は下痢や粘血便、腹痛などがあり、治療は内科的治療で症状の維持をしていきます。そして、潰瘍性大腸炎になってしまったら、日常の生活習慣を意識する事が大事なので注意するといいでしょう。

詳しく読む

医療機関の受診が賢明

男女

決して大掛かりではない

下肢静脈瘤の治療法は、主として4種類となります。1つ目は薬を注射して静脈を固めてしまう硬化療法、2つ目は静脈を結ぶ高位結さく術、3つ目は静脈を引き抜くストリッピング術、4つ目は静脈を内側から焼いて塞いでしまう血管内治療です。実は他にも、弾性ストッキングを用いた治療法もあります。これが最も手軽な治療法であり、医療機関に赴かなくても弾性ストッキングさえ入手できれば、はくだけですので自ら行えます。ただ、弾性ストッキングをはいただけでは、下肢静脈瘤の症状をある程度抑えることはできても、根本的に治すことはできないのです。4つの治療法は、どれも決して大掛かりなものではなく、硬化療法に関しては外来で行ってしまう治療法であり、その他も日帰りが可能な治療法もあります。従って、下肢静脈瘤であるならば、自ら解決しようとするのではなく、医療機関を受診することが賢明な判断ですし、実際、多くの人が受診しています。

使えなくしても問題ない

4つの治療法はそれぞれ違いはありますが、基本的な目的は同じであり、それは下肢静脈瘤になってしまった静脈を使えなくすることです。下肢静脈瘤は、血液の逆流を防ぐための弁が壊れてしまうことにより発症します。壊れた弁を手術で治す弁形成術という方法もありますが、静脈を使えなくしても問題ないので、4つの治療法が主流となっているのです。どうして、静脈を使えなくしても問題ないのかというと、骨に近いところにある太い静脈さえあれば、血液の循環に差し支えないからです。下肢静脈瘤が起こる静脈というのは、表面の静脈です。そして、表面の静脈が使えなくなったとしても静脈や毛細血管のネットワークは無数にありますので、今まで表面の静脈を通っていた血液は太い静脈に辿り着くことになるのです。従って静脈を使えなくしても大丈夫なのです。

女性ホルモンが原因の病

ウーマン

生存率や再発リスクを減らすにも、薬物療法が注目されており、乳がんの場合にはホルモン剤を投与する療法が展開されています。また、乳がん発症リスクは近年の女性のライフスタイルにも深く関わっており、日々のセルフチェックや検診をするといいでしょう。

詳しく読む