下肢静脈瘤を治療で治すには|健康が生きる源

医者

病気と向き合う

レディ

食生活や心身の安静が大事

潰瘍性大腸炎になってしまったら、食生活を気をつける事が大事です。食生活を気をつけるだけで、下痢が改善する事があります。香辛料や冷たい食品、食物繊維を多く含む食品は下痢を増強させる可能性があるので、控えた方がいいでしょう。潰瘍性大腸炎は心身を安静に保ち、ストレスを軽減する事も大事です。睡眠を十分に取り、日常のストレスを緩和する事が出来る様に、周囲の協力も必要になります。睡眠が不十分だったりストレスを感じると、下痢や腹痛を増強させる可能性があります。潰瘍性大腸炎は下痢と腹痛が主な症状のため、肛門周囲の炎症が起こる事があります。そのため、直接触れる下着の素材や、トイレットペーパーの素材などの配慮も必要です。潰瘍性大腸炎になってしまったら、日常の生活習慣の改善をする事が大事になります。

原因不明の大腸の炎症

潰瘍性大腸炎は大腸の炎症性病変です。クローン病とは違い、炎症が大腸に限られて起こります。主に20代から30代で発症する事が多い病気です。原因は遺伝や感染説、アレルギー説などの様々な説がありますが、原因ははっきりとわかっていません。症状は腹痛、下痢、粘血便、食欲不振などがあります。病変の範囲は直腸付近だけの場合や、大腸全体の場合などがあります。症状は個人によって違いがあります。治療は重症度と病変の範囲によって決定します。基本的には内科的治療を行い、症状を維持していきます。重症な場合や癌化した場合、重大な合併症を起こした場合には外科的治療を行います。潰瘍性大腸炎になると、その病気と上手く付き合っていく事が必要です。