下肢静脈瘤を治療で治すには|健康が生きる源

医者

女性ホルモンが原因の病

ウーマン

危険因子やしこりの判断

様々な要因がある乳がんは、女性ホルモンのエストロゲンが発生過程に深く関与しており、乳がんになる可能性を高める危険因子を理解しておくことは女性として必要な内容です。例えば、乳がんの家族歴はもちろん、ホルモン剤を使用したことがある、アルコール類をよく飲むなどの危険因子に該当する割合も年々増えており、現在では日本人女性の30人に1人が生涯のいずれかの時点で乳がんになる可能性が否定できないと推定されているほどです。また、がんはしこりで気付くことができますが、胸が小さい人は比較的自分で見つけやすいのですが、胸が大きい人や肥満の人は気付きにくい難点もあります。乳房の皮膚の一部が引きつれるなど、えくぼ症状はしこりの発見にも繋がる目安になるため、セルフチェックは常に意識したい内容です。

ホルモン剤投与の効果

がん治療を行う専門医療機関では、ホルモン療法も提案しており、検査によって腫瘍のホルモン受容体が陽性と判定された人が治療の対象となります。陰性での効果よりも期待されており、乳がん細胞の受容体に付着して細胞の増殖を阻害させてくれるなど、有効性が確立されている点で評価されています。また、乳がんの再発リスクを減少させるだけではなく、反対側の乳がんの発生リスクまで減らすことができるのもポイントです。その他、コレステロールを低下させる効果によって心血管障害も予防することができ、骨粗鬆症を防ぐ作用もホルモン療法では魅力に繋がっています。また、保険も適用される点は何よりも評価されている内容で、費用や安全性の高さは投与期間にも関与する内容です。