下肢静脈瘤を治療で治すには|健康が生きる源

医者

乳房の検査

困る人

乳がん検診のスタイルは、各検査施設や検診内容によって変わってきます。一般的に40歳未満の女性は、より鮮明な画像が見られるエコー検査が適用です。40代以降は、主にマンモグラフィ検査が行われます。それぞれメリットとデメリットがあるのが、こういった画像検査です。ですので、年齢に関わらず時に併用することでより正確な診断が得られます。自費診療が基本となる乳がん検診では、検査内容によって料金が変わってきます。ですので、より負担が少ないシンプルな内容の検査を選ぶ方も多いです。ですが複数の検査を一度に受けることには、大きなメリットが伴います。1回にまとめて検査を受ければ、乳がん検診の受診回数を減らすことも可能です。

一般の内科や産婦人科でも、簡単な乳がんのチェックを行っていることがあります。現在、乳がんへの関心が高まっているため、対応する診療科が増えている状況です。ですが、このような一般の診療科の場合、検査は視触診が中心になります。担当する医師も専門医でないことが多く、場当たり的な診療になるのが一つの問題です。乳がんの中には、しこりを作らないがんも存在します。また、ある程度の大きさにならないと認識できないのが乳がんのしこりです。従って、視触診だけで安心してしまうのは危険な行為と言えます。乳がん検診を受ける機会を逃した場合は、乳腺専門の診療科で検査を受けるのがベストです。乳腺専門の病院や総合病院では、随時乳がん検診に対応しています。